冬期における給湯器の凍結予防対策|入居者様へ

株式会社ヴィガーコーポレーション

047-456-3337

営業時間10:00~18:00定休日水曜日

冬期における給湯器の凍結予防対策

気温が0度以下になりそうな日の凍結予防対策

凍結予防対策01

1. 電源がプラグに差し込まれていることの確認

給湯機器には、外気温の低下を感知すると自動的に作動する機器本体の「①凍結予防ヒーター」と、機器本体と浴槽間の配管を水で満たし凍結を予防する「②自動ポンプ運転装置(追焚き機能付きのみ)」が備え付けられています。

旅行などの不在時に、ブレーカーを下げたりコンセントを抜かないようお願いします。

凍結予防対策02

2. 浴槽への一定量の水はり(「追焚き機能付き給湯機器」のみ)

自動ポンプ運転装置は、配管内を水で満たし、浴槽と給湯機器を循環させることにより配管の凍結を予防します。

特に戸建住宅において、屋外に配管が露出し、保温が不十分な箇所がある場合に有効です。
リモコンの電源を切っても作動しますが、事前準備として、浴槽内の循環金具の上5cm以上、水(残り湯も可)で満たしてください。

凍結予防対策03

3. 給水元栓の保温

給水元栓とは、給湯機器への給水の元栓(バルブ)です。

通常、給水元栓には保温措置が講じられています。

屋外設置で保温措置がなされていない場合には、管理会社に当該作業を依頼するか、緊急的な措置としてタオルを巻きつけ、上から防水のためのビニールでカバーをしてください。

お湯が出ない!給湯器が凍結してしまったら

凍結予防対策04

気温の低い日にお湯が出ない場合、給湯器配管の凍結が考えられます。

万一、配管(給水元栓含む)が凍結した場合には、外気温が上がり自然に解凍するのをお待ちください。

早く解凍しようと熱湯をかけますと、温度差により機器や配管が破損・破裂する恐れがあります。

給湯器に積雪してしまった場合

凍結予防対策05

給湯機器の給気・排気口の除雪をおこなってください。

雪が積もったままですと、不完全燃焼や異常着火が発生し、事故や故障の原因となります。

参考)一般財団法人ベターリビング提供

「冬期における給湯機器の故障予防等について」

賃貸物件

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)
不動産・賃貸のアットホーム
不動産・住宅情報サイト【LIFULL HOME'S/ライフルホームズ】

投資用物件

収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト楽待(らくまち)

保険